プロミスを申込後会員サイトログインしてメールアドレス登録とWeb明細利用の登録すると・・・

プロミスの特徴は、

 

  • フリーキャッシング
  • 貸金業法に基づくおまとめローン
  • 自営者カードローン
  • 目的ローン

と、多様な取扱商品があることです。女性に嬉しいレディースキャッシングというのもあります。フリーキャッシングですが、主婦学生であってもパートやアルバイトなどの安定した収入があれば申し込むことができます。

更に最高限度額も500万円、金利も実質年率4.5%~17.8%へとパワーアップ!初回30日間無利息サービス(※要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)もあるのでプロミスを選ばない理由が分かりません。

初回30日間無利息サービス付

プロミスとのオンライン契約後にメールアドレス登録とWeb明細利用の登録をすることにより初回30日無利息サービスが適用されます。各種登録をする為には会員サイトへのログインが必要になります。契約後すぐにログインする為にはカード番号がいりますので、予め番号を電話で聞いておくか、即日カード発行するかしないといけません。

利息軽減にはプロミスの初回30日無利息サービス

プロミス SMBCコンシューマーファイナンス

プロミスレディース

実質年利 年4.5%~17.8%
借入可能額 最高500万円

プロミスの人気の秘密は即日融資にあり

 

プロミスの特徴のひとつに即日融資というものがあります。


とにかく早く融資を行うことがプロミスのテーマのひとつともいえますので、申し込んだその日のうちに融資を行うというのもプロミスからすればむしろ当然のサービスといえるでしょう。

プロミスにログインすれば土日祝日でも振込融資可能なサービスがある

プロミスの即日融資のサービスは非常に徹底されているというのもひとつの特徴です。たとえば同じ「即日融資」というテーマを掲げる銀行のカードローンの場合ですが、それでも土日祝日などのように銀行自体が営業をしていない日には即日融資を行うことができません。

しかし、プロミスの場合は基本的に土日祝日であっても即日融資を行うことができます。

 

しかも融資にかかる時間は平日と何ら変わりがないというから驚きです。


急にお金が必要になる時というのは土日祝日であっても同じことなので、そんな日でもカードローン 即日融資に対応できるプロミスはこうした理由からも高い人気があるといえるでしょう。プロミスの土日祝日であっても振込融資可能なサービスは、

 

瞬フリというサービスです。

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行

のいずれかの口座であれば、プロミスの会員サイトにログインして口座登録することにより、24時間365日最短10秒で振込融資が可能なのです。


申込日でも、契約が完了すれば利用可能です。なお、土日祝日にプロミスで即日融資を受けるためにはインターネットからではなく自動契約機を利用して申し込むことがおすすめです。しかし、プロミスにログインして初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)は利用しておいたほうがお得です。

自動契約機からの申し込みの場合、申し込みから契約まですべてその場で行えるうえ、専用ATMも設置されていますので契約後すぐにお金を受け取ることが可能です。インターネットからプロミスに申し込んだ場合には、借入金の受け取り方法として銀行振込を選択することができますが、土日祝日の場合は銀行が営業していませんので銀行振込で受け取ることができません。

そこでインターネットを利用する場合には申し込みだけネットを利用し、融資の契約とカードの受取については自動契約機で行うという方法になります。このように、土日祝日であっても変わらず即日融資が可能なプロミスではありますが、それだけにすぐに融資を受けたい人にとってはメリットが大きいといえます。

なお、プロミスでは年末年始も休まず営業をしていますが元旦のみ休業となりますので、元旦は即日融資が不可能となります。

プロミスが即日融資に有利な理由

プロミスが土日の即日融資に有利なのは前述の通りですが、まだ土日祝日の即日融資に有利な理由があります。それは、

 

土日祝日で勤務先が休みの場合でも審査を完了する事ができるということです。


勤務先が休みであれば審査の必須事項である在籍確認の電話が完了しません。そうなると勤務先の翌営業日まで契約が延期され、即日融資が不可能になります。しかしプロミスの場合は、

 

電話とは別の方法で在籍の確認を取る相談ができるのです。


プロミスで借りる前にまずログインして返済方法を知っておけばより便利!

消費者金融大手のプロミスは、多彩な借入方法やスピーディーな審査が特徴ですが、返済方法についても様々な方法が用意されています。

まずプロミスの返済方法として代表的なものといえるのが、プロミスの実店舗や自動契約機に併設されているATMを利用して返済をするというものです。このATMのメリットは、7:00~24:00(※ATMにより営業時間、休日が異なります。)と営業時間が長いという点にあります。

返済日当日に仕事が遅くなってしまい夜中しか時間がとれないというケースはよくある話ですが、プロミスのATMなら遅い時間であっても稼働していますので、問題なく返済することができます。

プロミスのATMのもうひとつのメリットは、原則として年中無休という点です。そのため、返済日でなくても空いている日にいつでもATMを利用して返済することができます。もちろんATMの利用手数料は無料ですので、費用を気にすることなく気軽に利用できるのも嬉しいポイントといえますね。

手数料無料の自社店舗・ATMの数がカードローンライフの便利さを左右する!

プロミス SMBCコンシューマーファイナンス

プロミスレディース

実質年利 年4.5%~17.8%
借入可能額 最高500万円

およそ1,700店舗
自社店舗・ATM業界最大の上に初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)まで付いているので他のカードローンと便利さが違います。またおそらく最初に出るであろう50万円以下の借入枠の金利が最も低いので有利。
平日14:00までにオンライン契約完了で即日振込が可能。当日中にオンライン契約完了で最寄の自動契約機にて即日カード発行可能。

プロミスでは提携ATMを利用して返済することもできる

プロミスの返済方法は店舗に併設されたATMだけではありません。銀行やコンビニなどに設置されている提携ATMを利用して返済することもできます。

プロミスのATMと異なり、銀行などのATMの場合は利用時間が決められていたり、コンビニATMの場合は利用する際に別途手数料が発生したりといった違いがあります。

これらのATMを利用するメリットとしては、わざわざプロミスの店舗まで出向く必要がないため、買い物や生活費の引き出しといった用事のついでに返済ができるという点が挙げられます。もっとも、これらのATMの場合はプロミスの返済以外の目的で来店している人がほとんどですので、やや待ち時間が長いというデメリットがあります。

収入のない専業主婦はNG

 

収入のない専業主婦はプロミスでは申込できません。


他の消費者金融でもダメなので専業主婦は銀行のカードローンを利用せざるを得ませんでした。しかし総量規制後に、消費者金融に取って代わって貸付残高を伸ばしてきた銀行カードローンに金融庁からのメスが入りました。このおかげで、

 

銀行カードローンすら収入のない専業主婦は申込めなくなってしまったので、現在では収入のある旦那さんに頼んで借りるしかありません。


プロミスの指定する返済用の銀行口座に直接入金する

このほか、プロミスの返済方法としてはプロミスの指定する返済用の銀行口座に直接入金するといった方法や、決まった日に自動引き落とししてもらうといった方法もあります。これらの方法の場合はプロミス以外にも取引銀行で手続きをする必要があります。

このようにプロミスにログインして手数料無料で振込返済することができるのが分かります。その他のカードローンでもログインで手数料無料で振込返済することができるなどどこのカードローンもそういったサービスは完備しています。

プロミスログインの前に収集しなければならない情報

プロミスではインターネットを利用した様々なサービスが用意されているという点でも有名です。現在、インターネットは日常生活において欠かすことのできないものとなっており、プロミスをはじめとする消費者金融業者の間でも多くのサービスが提供されています。

 

特にプロミスでは、スマートフォン用アプリを始め、インターネットを利用したサービスの展開において業界をリードする存在


であり、当然ながらプロミスとの取引を開始した利用者にとっては重要な情報もインターネット上のサイトにログインすることで提供されています。

そんなプロミスの会員サービスにログインしてできることのひとつが、現在プロミスから借入を受けている金額の残高照会です。プロミスでは専用ATMを利用すれば利用明細は印刷されてきますが、会員ページにログインすることで常にリアルタイムで借入残高を確認することができます。

たかだか借入残高と甘くみてはいけません。プロミスとの取引において、借入残高を意識する時というのは基本的に借入や返済を行った時です。そのため、こうした情報を気にする時は月に1回程度ということなのですが、これをいつでも確認できる状態にすることによって、プロミスとの関係を強く意識することが可能です。

もちろんプロミスの会員ページにログインしてできることはそれだけではありません。返済シミュレーションや登録情報の変更、ならびに融資を受ける金額の増資などもログインすることでプロミス側に伝えることもできます。

また、こちらから連絡をするだけでなくプロミスからのお得な情報などもログインすることで確認することができますので、まさにプロミスを利用するうえで必要なサービスであるといえるでしょう。返済計画というものは、プロミスの利用に限らず常に気をつけておきたいものです。

こうした会員ページにプロミスログインすることによって、プロミスへの返済を計画的に、そして便利にすることが可能となっています。カードローンは事業用とでは借りれませんが、個人の与信でビジネスローンではなくもしものときの借入枠を持っておくのも一つの手です。

自動契約機は振込融資可能時間が過ぎても契約できてプロミスにログインが可能

お金が必要な時に便利なのが即日融資を利用出来る消費者金融ですが、プロミスで即日融資を利用したい場合はWeb契約か店頭で契約をする必要があります。プロミスの自動契約機か店頭窓口なら、契約完了すればその場で借入を利用することが出来ます。

自動契約機なら夜の10時まで稼働(店舗により営業時間が異なります)していますし、契約に必要な書類を持参するだけで、誰にも会わずにタッチパネルで入力して30分程で契約完了します。契約後はその場でカードを発行してもらい、そのままキャッシングを利用できます。

昼間仕事をしていて店頭に行く時間がない人や、急な出費にキャッシングを利用したい時などには、Web契約が便利です。Web契約の場合はパソコン、ケータイ、スマホから来店することなく契約から資金の受け取りまでが出来ます。

Web契約の場合は必要となる書類もインターネットから提出することが出来ますし、契約完了した曜日、時間帯に制限はありますが、その当日に振り込みしてもらうこともできます。Web申込自体は24時間365日受け付けていますので、申込はいつでもできる体制です。

その審査完了後、改めて契約可能額が決まり指定した連絡先のメールか電話で審査結果が通知されます。必要書類はスキャナか携帯のカメラで撮影したデータをWeb送信します。

Web契約ですからカードは後日発送となりますので、必要な資金は最短でその当日に口座振り込みして受け取ることが出来ます。確実に即日融資を受けたいのでしたらプロミスの店頭での契約が間違いありませんが、店頭に行く時間はないけれど手早くキャッシングを利用したいという時にはプロミスのWeb契約でも即日融資を受けることが出来ます。

即日融資でも使える瞬フリは他にないサービスでログインして口座登録すればすぐ借りれる

瞬フリというのは、プロミスが提供している振込みのサービスであり、インターネットやスマートフォンを利用することで、振込みの手続きをすることが出来ます。

借りるためには、自分で色々な操作をして行うことが多いのですが、瞬フリではインターネット上のページに表示されている内容を記入すれば、簡単に借入ができるようになっています。手続きをインターネットから行って、振込みを簡単に出来るというのが、瞬フリのいいところでもあります。また瞬フリを利用する際には、

 

  • 三井住友銀行の口座
  • ジャパンネット銀行

のいずれか口座を持っていれば、会員サイトにログインして登録すれば利用可能になります。この2つの口座は、プロミス側と提携をしていることによって、24時間・365日体制で振込みを実施することが出来ます。これを利用すると、

 

プロミス申込当日で平日で14時を経過している場合でも即日融資を行うことが出来ます。


瞬フリを利用することによって、まずは平日の14時を過ぎてしまったとしても振込みの手続きを行ってお金を借りることが出来ます。提携していない口座だと、仮に手続きを行っても15時以降になってしまい、振込みが翌日に回されることになります。

しかし提携している口座(三井住友銀行・ジャパンネット銀行)を持っているなら、瞬フリによってどのようなタイミングでも借りられるようになり、すぐに利用することができます。これは休日でも同様であり、瞬フリを利用すれば土日でも即日融資を利用することができます。

休日は次の平日まで振込みが実施されないのですが、提携している口座(三井住友銀行・ジャパンネット銀行)を持っているといつでも振込みの対象とすることが出来ます。そのため瞬フリを利用することによって、指定された口座なら土日でも借りることが出来て即日融資だって簡単に出来ます。

休日はカードを利用しないと借りられないと思われていますが、瞬フリを利用することによって振込みでも実現することとなっています。このようにうまく利用していくと、どのような状況下でも借りられる可能性が生まれるので、指定したタイミングですぐに振込みをしてくれます。

 

プロミスの在籍確認の電話についても別の方法でする相談が出来るのです。


プロミスのフリーキャッシング以外のローン

貸金業法に基づくおまとめローン

貸金業法に基づくおまとめローンというのは、その名の通りいくつものローンを抱えている人が、それをプロミスにひとまとめにするためのローンです。窓口が一つになって利便性が増すだけではなく、ローンをまとめることで金利がさがることも期待できます。

 

おまとめ金額が大きくなったら総量規制で借りれないんじゃないの?


と思われがちですが、その為に”貸金業法に基づく”とついているのです。おまとめローンなら総量規制の例外になり、年収の1/3以上かる事も法律的に可能になるのです。

自営者カードローン

自営者カードローンは自営者のためのローンですが、事業資金以外にも融資金を使うことができます。目的ローンというのは、使い道が決まっている人のためのローンです。後に詳しく説明しますが、目的ローンは金利がお得になっています。

どのローンにも共通することですが、融資限度額は1~500万円です。(おまとめローンは最高300万円)

目的ローン

そして、実質年率は最低4.5%、最高で17.8%なのですが、目的ローンだけは最高が16.5%と抑えられています。

実際に融資限度額がどれくらいになるのかというのは、その方それぞれの信用によってかわりますので、自分がどれくらいなのか気になる方はまずはプロミスの審査を受けてみましょう。

プロミスの金利について比べてみた

金利についてプロミスのおすすめポイントとして、はじめての利用の際には、30日間無利息で使えるんです!(※要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)

つまり、30日以内どんなに借りたとしても、30日以内に返済してしまえば利息は全くかからないということです。この30日間無利息はプロミスでメールアドレス登録とWeb明細利用の登録した方だけの特典ですので、これは忘れずにしておきましょう。

これを利用する事により銀行カードローンよりも利息を抑えることも可能です。例えば9万円借りて元金3万円ずつ返済した場合の利息は以下のようになります。

9万円借りて元金3万円ずつ返済した場合の利息

- プロミス SMBCモビット 三井住友銀行カードローン 三菱東京UFJ銀行カードローン
1ヶ月目の利息 初回30日無利息サービス0円 およそ1,332円 およそ1,073円 およそ1,080円
2ヶ月目の利息 およそ878円 およそ888円 およそ715円 およそ720円
3ヶ月目の利息 およそ439円 およそ444円 およそ358円 およそ360円
利息合計 およそ1,317円 およそ2,663円 およそ2,145円 およそ2,160円

プロミスで借り入れる際には、インターネットや電話で指定の口座に振り込んでもらうことができます。なお、その際の振込手数料はなんと無料です!その他にも、プロミスのATMや提携のATMからキャッシングすることができます。提携ATMをご利用の際には残念ながら手数料が必要です。

返済の方法は、銀行振り込みや口座振替、その他にもプロミスの店頭窓口やATMを使って返済することができます。返済額は借入が増えればその分大きくなってしまいますので、みなさま借りすぎにはご注意しましょう。

編集後記

消費者金融というイメージのあるプロミスですが、SMBCモビットも同様使い方に問題がなければ便利な借り入れです。間違ってもギャンブル目的で借りないようにしてください。クレジットカードの審査にお困りの方はアコムマスターカードを試してみるといいですよ^^

アコムには他にも有利な点があります。自社ATM手数料が24時間365日無料なんです。またアコムマスターカードは他のクレジットカードと違いクレジットカード 審査に通りやすいカードとして有名です。

プロミスや貸金業者の規制については:金融庁プロミスログインプロミスの学生の即日融資すぐに借りれるプロミスで借りたら?プロミス借りたら

プロミスなら会社への在籍確認の電話を別の方法での相談ができるのでログインできる

プロミスのカードローンなどを利用したいという方も多いと思いますが、こうしたカードローンの申し込みでは、他の金融機関と同じく在籍確認というものが必須となり、

 

こちらの在籍確認ですが借り入れる人がそちらの会社に勤務しているのかどうか確認をするというものになります


ので、どの消費者金融でも行っているものになります。この在籍確認では、申込者が勤務している会社の方へ電話が申し込みをしてから数分後に、プロミスの方からかかってくるということになりますので、会社に知られたくない場合、困るという人も多いと思います。

しかしプロミスの在籍確認の電話は、プロミスのオペレーターの個人名を名乗るという電話になりますし、また自然な感じでの在籍確認となりますので、職場の人に気づかれることはほとんどないと言われています。

 

また非通知での電話がかかってくるということですので、記録にも残らないので、安心して在籍確認を行えることがほとんどです。


しかし、どうしても在籍確認をして欲しくないという場合など、

 

プロミスではこうした場合は、在籍確認の電話を別の確認方法で相談することも可能となっています。


まず在籍確認を事情によってして欲しくない場合は、申込後にプロミスから掛かってくる申込内容の確認の電話の際に相談することになります。ほとんどの消費者金融では、電話のみの在籍確認となりますので、プロミスのように別の確認方法を相談できるという在籍確認は、とても便利なシステムであるといえるでしょう。

また、こうしたシステムは、土日で会社が休みなども対応することができますので、

 

勤務している会社が休みであるという場合や、また土日にどうしてもキャッシングがしたいという場合にも便利となっています。


しかし、申し込み後には、在籍確認の電話は会社に電話をしてもらいたくないということをしっかりと伝えることが必要となります。

プロミスを利用したときの体験談

私はプロミスを気に入っています

 

私は何度かプロミスを利用したことがありますが、非常に使い勝手が良くて気に入りました。対面で融資を受けることは少なくなっていますが、このプロミスもウェブ上で契約を済ませられるのが嬉しいところです。

しかも平日の14時までにウェブ契約を済ませれば、即日で融資を受けられるというのですか、本当に有り難いです。こういった融資と言えば、スピードが重要であり、実際に必要な場面において融資が間にあわなかったら、どれほどの大金を融資してもらおうが全く意味がありません。

そういった意味で、ウェブで契約が済ませられ即日融資が可能なプロミスは私にとっては非常に強い味方です。また、プロミスでは3秒診断というものを実施しており、たった3秒で事前審査が済ませられるというのも気に入っています。

この3秒診断で融資が決定するわけではありませんが、事前にこういった審査があれば、いざ融資の際に本審査に落ちて、徒労に終わってしまうということもありません。こういった仕組みも私がプロミスを気に入っている要素の一つです。


私がプロミスを利用した時の体験談

 

私が、プロミスを利用した時の体験談について記事にしたいと思います。プロミスでキャッシングする時に一番有りがたい事は、私の職業が、パートターマーで不安定な収入でも、お金を借りる事が出来る点です。

まず、キャッシングに必要な審査が有ります。パソコンに必要事項を記入して、待っていれば、何時間も待たずに、すぐに審査結果の知らせが来ます。このスピーディーさも私は気に行ってます。

そして、審査が通れば、全国のコンビニで必要な金額を引き出す事が出来るので、とても便利です。ちょっとお金に困った時や今、手元に現金が無い場合など、少額でも、キャッシングがスピーディーに出来るので返済計画さえきちんとしていたら、とても便利なキャッシングだと思います。

また、プロミスは、誰にも会うわずに、キャッシング出来るのでその点は、気楽で良いと思います。やはり、人と会って書類を書いたり、質問されるのは、借金問題なので、気が引ける所があるので、自分一人で借金と返済が出来るのは、助かります。


プロミスは対応が迅速かつ返済しやすい

 

私が以前プロミスを利用した時の感想です。プロミスは街中に看板がたくさん出ていますし、安心して利用できるのではないかと思って選択しました。プロミスの素晴らしいところはその対応力にあると思います。

プロミスの売りの一つとして、初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)があります。そのほか、ポイントサービスと銘打って複数回繰り返し利用している人もお得なサービスを受けられるように工夫してくれています。

しかし、そうしたサービスにつきものなのが制度の落とし穴や読み間違えです。私はそういうことがあると必ず担当に電話で確認する癖があるのですが、その時の対応が素晴らしかったのです。

まず最初に借り入れをしたタイミングではなく契約をした時点で無利息の期間が始まるということを確認できました。初回借り入れをするタイミングはこちらで選べると思っていたので思わず間違ってしまうところでした。

そこを指摘した上で、無理にすぐ借りる予定がなければ今契約する必要はないですよと教えてくれたのには感動しました。

また返しやすさも魅力です。三井住友フィナンシャルグループになっていますのでメガバンクから手数料を安く返済していくことも可能です。


Copyright© プロミスを申込後にログインして初回30日間無利息サービスを受ける , 2018 All Rights Reserved.